Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen. It is harder to crack a prejudice than an atom.

カテゴリー:ビジネス・経済

プロフェッショナルの未来(3)

「情報技術の発展により、プロフェッショナル(専門家)の知識を社会の中で利用可能にする仕組みが変化することで、様々な専門家の仕事が不要になる」というのが、本書の主張だ。本ブログでは、全7章のうち1章、2章について、3回にわたってポイントを紹…

詳細を見る

プロフェッショナルの未来(2)

「情報技術の発展により、プロフェッショナル(専門家)の知識を社会の中で利用可能にする仕組みが変化することで、様々な専門家の仕事が不要になる」というのが、本書の主張だ。本ブログでは、全7章のうち1章、2章について、3回にわたってポイントを紹…

詳細を見る

プロフェッショナルの未来(1)

「情報技術の発展により、プロフェッショナル(専門家)の知識を社会の中で利用可能にする仕組みが変化することで、様々な専門家の仕事が不要になる」というのが、本書の主張だ。本ブログでは、全7章のうち1章、2章について、3回にわたってポイントを紹…

詳細を見る

日経新聞と財務省はアホだらけ

喧嘩を売っているタイトルの本だ。著者2名はそれぞれ、日経新聞と財務省の出身で、2019年10月に予定されている消費増税の話から、過去のウラ話や背景が赤裸々に語られている。興味深ったのは、日本の金融・財政政策に関して世界の常識からかけ離れて…

詳細を見る

[イラスト解説]ティール組織

ティール(teal) は色の表現で「青緑」だ。本書では、組織形態をレッド(衝動、独裁)型、アンバー(順応・軍隊型)、オレンジ(達成・機械)型、グリーン(多元、家族)型と人々の記憶イメージに残る色で分類し、各組織形態の問題点を指摘するととも…

詳細を見る

天才を殺す凡人

著者は、あとがきで、この本を書いた理由をこう述べている。人の可能性を阻害するものに、憤りを感じるから。本書では、ビジネスに必要な才能を、思い切って、「天才」「秀才」「凡人」の3つに絞り込み、それぞれの果たす役割を話しつつ、…

詳細を見る

サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている

ベストセラー「統計学は最強の学問である」の著者が、ポジティブ心理学を中心に人生の様々な悩みの解消法について紹介した本である。例えば次のようなものだ。今の仕事を天職に作り変えるMPSプロセスとは?MPSとは、意義「Meani…

詳細を見る

なぜ、システム開発は必ずモメるのか?

システム開発がうまくいかないのは、日常茶飯事である。本書はその原因について、プロジェクト管理上の問題に起因すると思われるケースについて解説するとともに、対策について、IT紛争を手がける弁護士、SIベンダの社員、ユーザーといった架空の登場人…

詳細を見る

「予測市場」という新戦略

日本のことわざ「三人よれば文殊の知恵」を情報技術で時、場所、人数を選ばずに実現するのが予測市場だ。予測市場は2005年に Bussiness Week 紙がCEOが知っておくべき10の新しい技術のひとつとして取り上げられて注目され、じわじ…

詳細を見る

<反>知的独占−特許と著作権の経済学

「当たり前のことを1から見直してみる」そんな言葉がぴったりな本だ。すでに我々にとって常識となった特許権と著作権について「経済学の観点から機能しているか?」を検証している。そして結論は、本のタイトルから推測されるとおり「社会にとってデメリッ…

詳細を見る

カレンダー

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30