Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen. It is harder to crack a prejudice than an atom.

カテゴリー:ビジネス・経済

韓国、ウソの代償(3)

徴用工問題、レーダー照射、慰安婦像設置、天皇陛下への謝罪要求など日韓関係の悪化に歯止めがかからない昨今、表面的な報道だけでなく、一歩踏み込んでの解説を知りたくて読んだ本だ。以下、気づきを与えてくれたポイントを記す。(3)では、経済関係の話…

詳細を見る

韓国、ウソの代償(2)

徴用工問題、レーダー照射、慰安婦像設置、天皇陛下への謝罪要求など日韓関係の悪化に歯止めがかからない昨今、表面的な報道だけでなく、一歩踏み込んでの解説を知りたくて読んだ本だ。以下、気づきを与えてくれたポイントを記す。(2)では、韓国に関する…

詳細を見る

韓国、ウソの代償(1)

徴用工問題、レーダー照射、慰安婦像設置、天皇陛下への謝罪要求など日韓関係の悪化に歯止めがかからない昨今、表面的な報道だけでなく、一歩踏み込んでの解説を知りたくて読んだ本だ。以下、気づきを与えてくれたポイントを記す。アジアの安全保証…

詳細を見る

アフターデジタル

「日本のビジネスパーソンは、デジタルが完全に浸透した世界をイメージできていない。(中略)こうした状況に危機感を抱いています。」著者は、まえがきで本書の執筆理由をこう書いている。アフターデジタルとは、現状のオフラインを主軸としてオン…

詳細を見る

プロフェッショナルの未来(3)

「情報技術の発展により、プロフェッショナル(専門家)の知識を社会の中で利用可能にする仕組みが変化することで、様々な専門家の仕事が不要になる」というのが、本書の主張だ。本ブログでは、全7章のうち1章、2章について、3回にわたってポイントを紹…

詳細を見る

プロフェッショナルの未来(2)

「情報技術の発展により、プロフェッショナル(専門家)の知識を社会の中で利用可能にする仕組みが変化することで、様々な専門家の仕事が不要になる」というのが、本書の主張だ。本ブログでは、全7章のうち1章、2章について、3回にわたってポイントを紹…

詳細を見る

プロフェッショナルの未来(1)

「情報技術の発展により、プロフェッショナル(専門家)の知識を社会の中で利用可能にする仕組みが変化することで、様々な専門家の仕事が不要になる」というのが、本書の主張だ。本ブログでは、全7章のうち1章、2章について、3回にわたってポイントを紹…

詳細を見る

日経新聞と財務省はアホだらけ

喧嘩を売っているタイトルの本だ。著者2名はそれぞれ、日経新聞と財務省の出身で、2019年10月に予定されている消費増税の話から、過去のウラ話や背景が赤裸々に語られている。興味深ったのは、日本の金融・財政政策に関して世界の常識からかけ離れて…

詳細を見る

[イラスト解説]ティール組織

ティール(teal) は色の表現で「青緑」だ。本書では、組織形態をレッド(衝動、独裁)型、アンバー(順応・軍隊型)、オレンジ(達成・機械)型、グリーン(多元、家族)型と人々の記憶イメージに残る色で分類し、各組織形態の問題点を指摘するととも…

詳細を見る

天才を殺す凡人

著者は、あとがきで、この本を書いた理由をこう述べている。人の可能性を阻害するものに、憤りを感じるから。本書では、ビジネスに必要な才能を、思い切って、「天才」「秀才」「凡人」の3つに絞り込み、それぞれの果たす役割を話しつつ、…

詳細を見る

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930