Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen. It is harder to crack a prejudice than an atom.

カテゴリー:コンピュータ・IT

アフターデジタル

「日本のビジネスパーソンは、デジタルが完全に浸透した世界をイメージできていない。(中略)こうした状況に危機感を抱いています。」著者は、まえがきで本書の執筆理由をこう書いている。アフターデジタルとは、現状のオフラインを主軸としてオン…

詳細を見る

なぜ、システム開発は必ずモメるのか?

システム開発がうまくいかないのは、日常茶飯事である。本書はその原因について、プロジェクト管理上の問題に起因すると思われるケースについて解説するとともに、対策について、IT紛争を手がける弁護士、SIベンダの社員、ユーザーといった架空の登場人…

詳細を見る

超高速開発が企業システムに革命を起こす

日本経済新聞が日本株式会社の社内報なら、日本情報システム株式会社の社内報は日経グループの業界紙「日経コンピュータ」や「日経情報ストラテジー」だ。その「日経コンピュータ」紙が次世代の開発手法として推奨しているのが「超高速開発」だ。超…

詳細を見る

間違いだらけのソフトウェア・アーキテクチャ

読者を選ぶ本である。一般的な技術書のように特定の技術に対して理解できるよう触りから深く解説しているわけではなく、さまざまな技術を扱う。またエッセイのような優しい語り口ではあるが、専門用語や幅広い背景知識が必要とされ、ソフトウェア業界に身を…

詳細を見る

明日をどこまで計算できるか?

本書の副題に”「予測する科学」の歴史と可能性”とあるように、科学技術の発展の歴史を綴った過去、現在の状況、そして未来について、天候予測、経済予測、生命予測の視点をベースに語られている。私にとって興味深かった予測モデルの誤差についての箇所を…

詳細を見る

トンデモ”IT契約”に騙されるな

タイトルから想像できるように、IT企業、特にシステム・インテグレータ(以下SIer)に勤める人間には耳の痛い話が満載だ。著者は弁護士であり、SIerに情報システムの構築を発注するユーザー側に立ち、理不尽なIT契約の例を引き合いに出して一刀…

詳細を見る

人間に勝つコンピュータ将棋の作り方

2010年10月、コンピュータ将棋ソフトウェア「あから2010」が清水市代女流王者に勝利し、2012年1月、元名人の米長邦雄永世棋聖に同じくコンピュータ将棋ソフトウェア「ボンクラーズ」が勝利するといったように、コンピュータ将棋がプロレベル…

詳細を見る

ビックデータの正体

「過去何百年も続いてきた科学的な慣行が覆され、判断の拠り所や現実の捉え方について、これまでの常識に疑問を突きつけるのだ」と著者はビックデータがもたらす未来について語っている。それは次のようなものだ。1.少量ではなく、すべてのデータ…

詳細を見る

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930