Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen. It is harder to crack a prejudice than an atom.

ユニクロ9割で超速おしゃれ

服は安くても良いが、品良く着こなしたいという大人の男性向けに、プロのスタイリストが服の選び方を指南する本だ。基本的な考え方から、シャツ、ボトムス、アウターの具体的な選び方、着こなしが写真とともに紹介されている。

選ぶべき服の基本

お店に並んでいる服のうち、使えるものはベーシックな2割程度とのこと。次の基準で選ぶ。

  • 色を絞り込む(ネイビー、グレー、ベージュ、ブラック、ホワイト)
  • 柄を絞り込む(無地を中心に、ボーダー、ストライプまで。柄物は選ばない)
  • お店を絞り込む(ベーシックなものが多いお店。ユニクロ、GU、無印、グローバルワーク)

シャツ

上半身に着るとなると、Tシャツとシャツがあげられるが、Tシャツは体のラインが出るので、体型が崩れる中年のおじさんには適さない。一方でシャツは、素材にハリがあり体型が出にくく、上品に見えるのでオススメとのこと。選び方や着こなしかたは以下。

  • サイズはタイトめ。着た時に両脇を軽くつまめるぐらい。襟にボタンがあれば止めて着る
  • 着丈はお尻の中間位置ぐらいまでで、パンツにインしない
  • 揃えるタイプは次の3つ。白のボタンダウン、濃いめのデニムシャツ、リネンor麻のシャツ。濃いめのデニムシャツは、白のボトムスとあわせるのがオススメ。リネンor麻のシャツは夏場に、半袖にせず、長袖で腕まくりして着ると大人っぽく見える

ボトムス

人の視線は上半身に行きがちで手抜きがちだが、ボトムスに気を使うと差をつけられる。シルエット次第で脚が長く見えたり、野暮ったく見えたりするので要注意。選び方や着こなしかたは以下。

  • 昨今の流行は、テーパード型と呼ばれる、太もも周りは余裕があるが、足首に向かって細くなって行くシルエットのもの。一時的な流行ではなく、しばらくはテーパード型が主流になる
  • ユニクロのジーンズならば、痩せている方はスキニーフィット、普通から小太りの方はスリムフィットとややタイト目を選ぶ。ただしピチピチは女性受けしないとのこと。また裾はロールアップしてくるぶしを見せるのが良い
  • 揃えるタイプは4つ。ブルージーンズ、アンクルパンツ、ブルージーンズ、ショートパンツ

おわりに

本書では、シャツやパンツの他に、アウターやニットの選び方、着こなし方に加えて、小物(帽子、マフラー、時計など)やトレンドアイテムの取り入れ方に関するアドバイスが紹介されている。

以上


ユニクロ9割で超速おしゃれ
大山 旬 著
2017/10/30 初版発行

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930