Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen. It is harder to crack a prejudice than an atom.

バカが多いのには理由がある

橘玲氏が2012年11月から2014年5月まで「週間プレイボーイ」で連載したコラムをベースに、いくつかの章を追加した単行本で、政治、経済、社会といった、さまざまな時事問題を取り上げ、橘氏のオルタネイティブな意見が書かれている。私が興味深かったトピックを取り上げる。

政府はブラック企業を指導できるのか?

残業代が支払われないサービス残業は、日本では常態化しており、一部の企業で改善に向けて取り組みがなされているが、なかなか無くなることはなさそうだ。ところが指導すべき政府もサービス残業が当たり前だ。なぜなら国家公務員は労働基準法の適用対象外だからだ。この状況をうけて著者はこう述べている。

この国では「サービス残業を禁止する法律がサービス残業で作られる」という話がブラックジョークにならない。

ベビーシッター事件の本質は?

ベビーシッターが2歳男児を死なせ、遺体遺棄容疑で捕まった事件は、メディアで大きく取り上げられ、記憶に新しいところだ。国は、保育を行う認定事業者に巨額の補助金を出しているが、全国に85万人と言われる待機児童の数は一向に減らない。著者はこの点について、次のような指摘をあげている。

経済学では、事業者に補助金を払って市場を歪めるよりも、市場原理を働かせながら、サービスを必要とするひとを直接援助したほうが効率的なことがわかっています。

おわりに

本書では、その他に、全聾の人気作曲家がゴーストライターを雇っていた事件や浦和レッズのサポーターが人種差別を示唆する横断幕を掲げた事件といった話題性のある事件の考察から、政治的な立ち位置を左右する「正義」の分類といった、モノゴトの本質にせまる話題が掲載されている。

以上


amazon
バカが多いのには理由がある
橘 玲 著
2014/6/30 初版発行

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031