Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen. It is harder to crack a prejudice than an atom.

エアコンのいらない家

「えっ、そんなことできるの?」というタイトルで、部屋にエアコンがあるのがあたりまえの世代にとっては、はっとさせられる。著者は主に戸建住宅、マンションの換気空調設備の設計を専門に手がける会社の設立者で、大手ハウスメーカーとの共同開発も多数手…

詳細を見る

会社を変える分析の力

書はデータ分析をテーマとして書かれているが、分析手法について書かれているわけではない。データ分析のスキルをもって、ビジネス上の成果をあげるためには、・分析手法以外にどのようなスキルが必要か?・どのようなマインドを持って、データ分析に挑…

詳細を見る

我が君主は天にあり 下 軍師・黒田官兵衛伝

以前、本ブログで紹介した黒田官兵衛伝記の下巻である。下巻では、豊前の国の統治から関ヶ原の戦いの後、病没するまでを描いている。そして官兵衛の息子「長政」が青年に達し、多くの活躍を見せるようになる。官兵衛、長政父子が多くの戦いで重要な役回りを…

詳細を見る

「マイホームの常識」にだまされるな! 知らないと損する80の新常識

「マイホームの価格は、これからまだまだ下がり続けます。」ショッキングな書き出しで始まる本書は、マイホーム購入のみならず、賃貸も含めた不動産市場の変化をふまえた新しい常識をまとめた本である。例えば、次のようなものだ。不動産の情報開示…

詳細を見る

TEDトーク 世界最高のプレゼン術

世の中に広める価値のあるアイデアを伝えることを使命とする非営利組織TED。TEDのカンファレンスには数多くの熟達のプレゼンターがステージに立つ。本書は、TEDのオーガナイザーでもあるジェレミー・ドノバンが、実際のTEDカンファレンスでプレ…

詳細を見る

オープンサイエンス革命

オープンサイエンス革命は、今に始まったことではない。第1次オープンサイエンス革命では科学雑誌に研究成果を発表するシステムにより、科学者が研究成果を発表することで報酬を得られるようになった。革命前は、研究者が自分の発見を他人と共有することに…

詳細を見る

住まいの解剖図鑑 心地よい住宅を設計する仕組み

本書は、住宅設計の定石とその定石が「なぜ」そうなっているのかを550点以上の図とわかりやすい比喩をふんだんに使って解説している。たとえば、こうだ。ドアドアには開き戸と引き戸の2種類がある。開き戸の場合、さらに内向きに開くか…

詳細を見る

子どもはなぜ勉強しなくちゃいけないの?

8人の識者(養老孟司、茂木健一郎、藤原和博、福岡伸一、坂東眞理子、瀬戸内寂聴、内田樹、荒俣宏)が、タイトルどおり「子どもはなぜ勉強しなくちゃいけないのか?」について、各自の考えを述べている本である。以下、印象的だった箇所を紹介する。…

詳細を見る

人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで誰もが成功する

本書は「ハイコンセプト」、「モチベーション3.0」といったベストセラービジネス本の著者であるダニエル・ピンクの最新著書である。「ハイコンセプト」では、ビジネスマンにとして新興国の労働力を奪われないために左脳に加えて右脳を生かすこと、「モチ…

詳細を見る

我が君主は天にあり 上 軍師・黒田官兵衛伝

戦国時代、のちに天下人となる豊臣秀吉の参謀として活躍した「黒田官兵衛」の生涯を描いた小説である。上下2巻の構成で、上巻では、官兵衛の祖父である「黒田重隆」にはじまり、父「光隆(のちに小寺職隆と改名)」の活躍から、官兵衛自身の秀吉配下での播…

詳細を見る

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930