Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen. It is harder to crack a prejudice than an atom.

ミニマリストの部屋づくり

ミニマリストと聞くと、何にもない部屋に住んでいるというイメージだが、著者は「モノが少ない生活は心地いいけど、個性までは手放す必要はないんじゃないか」という考え方とのこと。本書では、まずモノの手放し方、選び方に始まり、収納術や、部屋の飾り方…

詳細を見る

上級国民/下級国民

2019年4月に87歳の元官僚が起こした交通死亡事故で、運転手がしばらく逮捕されなかったことに対し、2日後に起きた神戸のバス運転手が起こした死亡事故で、バス運転手が現行犯逮捕されたことがきっかけに、ネットで飛び交った言葉が「上級国民、下級…

詳細を見る

事実vs本能

世の中には、縮尺や方位のちがう地図を手に右往左往しているひとが(ものすごく)たくさんいます。そんななかで、正しい地図を持っていることはとてつもなく有利です。これが、事実(ファクト)にこだわらなければならないいちばんの理由です。前書…

詳細を見る

冷蔵庫で作りおきパン いつでも焼きたて

本書は、週末にパン生地を作っておいて、平日の朝に、オーブンレンジ、オーブントースター、フライパンで焼いて、焼きたてのパンを食べるための67レシピを紹介した本だ。基本のレシピを次に紹介する。基本の作り方(プレーン生地をオーブンレンジ…

詳細を見る

プロフェッショナルの未来(3)

「情報技術の発展により、プロフェッショナル(専門家)の知識を社会の中で利用可能にする仕組みが変化することで、様々な専門家の仕事が不要になる」というのが、本書の主張だ。本ブログでは、全7章のうち1章、2章について、3回にわたってポイントを紹…

詳細を見る

プロフェッショナルの未来(2)

「情報技術の発展により、プロフェッショナル(専門家)の知識を社会の中で利用可能にする仕組みが変化することで、様々な専門家の仕事が不要になる」というのが、本書の主張だ。本ブログでは、全7章のうち1章、2章について、3回にわたってポイントを紹…

詳細を見る

プロフェッショナルの未来(1)

「情報技術の発展により、プロフェッショナル(専門家)の知識を社会の中で利用可能にする仕組みが変化することで、様々な専門家の仕事が不要になる」というのが、本書の主張だ。本ブログでは、全7章のうち1章、2章について、3回にわたってポイントを紹…

詳細を見る

払ってはいけない

本書の副題は、「資産を減らす50の悪習慣」とあるように、資産運用の本ではなく、資産を減らさないようにするノウハウについて、世界経済の情勢や日銀の金融政策を踏まえ解説されている。子育て世代の私には気になる子供ためのお金について、ポイントを紹…

詳細を見る

日経新聞と財務省はアホだらけ

喧嘩を売っているタイトルの本だ。著者2名はそれぞれ、日経新聞と財務省の出身で、2019年10月に予定されている消費増税の話から、過去のウラ話や背景が赤裸々に語られている。興味深ったのは、日本の金融・財政政策に関して世界の常識からかけ離れて…

詳細を見る

スープジャーのお弁当

お弁当の一品としてスープジャーは市民権を得ている。そんなスープジャーだが、素人目には、忙しい朝に、グツグツ煮込むスープを作るのは面倒だと感じる。本書では、極力簡単に、化学調味料を使わない健康的なスープのレシピが紹介されているが、そもそもス…

詳細を見る

カレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30