Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen. It is harder to crack a prejudice than an atom.

間取り図大好き!

間取り図ナイトというお酒をのみながら間取り図をスライドショーでみながらコメントするイベントで紹介された特徴のある間取り図を集めた本である。中には不動産業者が間取り図を作成する際にミスしているだけの間取り図もあるが、間取り図は正しいのであろ…

詳細を見る

かっこにっぽんじん(日本人)

意味深なタイトルの本だ。我々がもつ漠然とした「日本人は特別だ」という意識を、客観的に描き出してみようという試みに挑戦している。著者は日本人である以前にホモ・サピエンス共通の本性があり、それを差し引いたものが日本人性であると述べ、多面的な視…

詳細を見る

ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の支出割合

多数の著書を持ち、雑誌やWEBに連載をもつ人気ファイナンシャルプランナーによる家計再生に関するノウハウ本である。本書の特長はなんといっても、タイトルにもあるとおり、家族構成の12パターン×2地域(都市部or地方)別に、計24ケースにおける…

詳細を見る

エアコンのいらない家

「えっ、そんなことできるの?」というタイトルで、部屋にエアコンがあるのがあたりまえの世代にとっては、はっとさせられる。著者は主に戸建住宅、マンションの換気空調設備の設計を専門に手がける会社の設立者で、大手ハウスメーカーとの共同開発も多数手…

詳細を見る

会社を変える分析の力

書はデータ分析をテーマとして書かれているが、分析手法について書かれているわけではない。データ分析のスキルをもって、ビジネス上の成果をあげるためには、・分析手法以外にどのようなスキルが必要か?・どのようなマインドを持って、データ分析に挑…

詳細を見る

我が君主は天にあり 下 軍師・黒田官兵衛伝

以前、本ブログで紹介した黒田官兵衛伝記の下巻である。下巻では、豊前の国の統治から関ヶ原の戦いの後、病没するまでを描いている。そして官兵衛の息子「長政」が青年に達し、多くの活躍を見せるようになる。官兵衛、長政父子が多くの戦いで重要な役回りを…

詳細を見る

「マイホームの常識」にだまされるな! 知らないと損する80の新常識

「マイホームの価格は、これからまだまだ下がり続けます。」ショッキングな書き出しで始まる本書は、マイホーム購入のみならず、賃貸も含めた不動産市場の変化をふまえた新しい常識をまとめた本である。例えば、次のようなものだ。不動産の情報開示…

詳細を見る

TEDトーク 世界最高のプレゼン術

世の中に広める価値のあるアイデアを伝えることを使命とする非営利組織TED。TEDのカンファレンスには数多くの熟達のプレゼンターがステージに立つ。本書は、TEDのオーガナイザーでもあるジェレミー・ドノバンが、実際のTEDカンファレンスでプレ…

詳細を見る

オープンサイエンス革命

オープンサイエンス革命は、今に始まったことではない。第1次オープンサイエンス革命では科学雑誌に研究成果を発表するシステムにより、科学者が研究成果を発表することで報酬を得られるようになった。革命前は、研究者が自分の発見を他人と共有することに…

詳細を見る

住まいの解剖図鑑 心地よい住宅を設計する仕組み

本書は、住宅設計の定石とその定石が「なぜ」そうなっているのかを550点以上の図とわかりやすい比喩をふんだんに使って解説している。たとえば、こうだ。ドアドアには開き戸と引き戸の2種類がある。開き戸の場合、さらに内向きに開くか…

詳細を見る

カレンダー

2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031