Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen. It is harder to crack a prejudice than an atom.

群れのルール

コンピュータサイエンスの分野には、アリや鳥が群れで行動することで目的を成し遂げる様子を観察した研究をヒントに、人間社会の問題を解決する群知能と呼ばれる研究領域がある。本書は、群知能に関する研究成果を、4つの原理「自己組織化」「群集の叡智」…

詳細を見る

プレーのどこを視るか 〜サッカーがさらにおもしろくなる『ガゼッタ』式採点の裏側〜

イタリアの3大スポーツ新聞のひとつで、ミラノに本社を持つ『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、スポーツ新聞とはいえ、サッカーがページの半数以上を占めるサッカー新聞である。ガゼッタでは、パジェッラ(通信簿)と呼ばれる、選手、監督、はたまた審判へ…

詳細を見る

幸せな未来は「ゲーム」が創る

「REARITY IS BROKEN」が本書の原題であり、”ゲーマーは現実にうんざりしている”という書き出しで始まる本書は、悲観的な内容ではなく、日本語版のタイトルで示されているようにゲームが人々の想像力をかき立て、思い描くどんな未来でも…

詳細を見る

とっさのひと言で心に刺さるコメント術

仕事の会議やプライベートの飲み会のみならず、ツィッター、フェイスブックといったソーシャルメディアの発展で、コメントする機会が増えている。本書は、人気テレビ番組のプロデューサーでもあり、アルファ・ブロガーでもある、おちまさと氏がコメント術を…

詳細を見る

国際的日本人が生まれる教室

若者に世界の”ルール”を教え、国際舞台での”試合”に勝たせ、日本人としての自信を与えたい。冒頭のページにタイトルよりも大きな文字で著者の強い思いがつづられている。中原氏は、米国留学、さらに米国で弁護士として働いた経験から、悔しいけれど世界…

詳細を見る

Apple Design 1997-2011

1997年にスティーブ・ジョブスがCEOに復帰してから2011年までのApple社の快進撃を支えるデザインについて、デザインに関する複数の有識者が考察するとともに、主要な製品を美しいカラー写真で振り返る図鑑である。本書の中で、コロンビア大…

詳細を見る

叱らず、問いかける 子どもをぐんぐん伸ばす対話力

著者の池上 正 氏は大阪YMCAやジェフユナイティッドの育成普及部コーチとして、幼稚園児や小学生へサッカーを教えてきた人物で、本書では氏が実践してきた「叱らず、問いかける」指導法について解説するとともに、そのような指導法に行き着いた経緯を…

詳細を見る

統計学が最強の学問である

将来、統計学的思考が読み書きと同じようによき社会人として必須の能力になる日が来る。1903年、SF作家 H.G.ウェルズが予言した言葉から本書は始まる。2013年に生きる我々は「そのとおり」と頷かざるを得ない。本書は、医療分野での統計学応…

詳細を見る

小さく賭けろ!

本書は投資の本ではない。ビジネスにおいて大きな可能性を発見し、実現に導くためには、「小さな賭け」を繰り返すことがきわめて有効であるという考えを紹介する本だ。小さな賭けとは、具体的かつ即座に実行可能な行動によってアイデアを発見し、テストし、…

詳細を見る

カレンダー

2019年10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031